知ってる?エンストよりも多い車のトラブルとは?必見!

車のトラブルでエンストと同じくらいトラブルが多いバッテリー上がり。

今回はそのバッテリー上がりの際の対処法もご紹介します。
対処法は知っておいて損はないです。
備えあれば憂いなしですね。

更に記事の最後に今話題のスマホも充電できる超小型ジャンプスターターの説明もします。

公式サイト:http://www.V12Multi-charger/

だれにでも起こるバッテリー上がり。

N912_atamawokakimushiru_TP_V
バッテリー上がりは

どんなに新車でも

どんなに熟練ドライバーでも

どんなに毎日乗ってても

何かしらの原因で発生してしまいます。

バッテリー上がりが起こる原因

一番多いのは車のライト、室内灯やその他の電飾品系をつけっぱなし

エアコンによる、電力消費が増えている

などのが主な原因です。

 

PP_kurumahead_TP_V1
 

その他にも、長時間車に乗らないと、バッテリーに自然放電という現象が起こりバッテリーが上がります。

また、走行距離が短いドライブを繰り返すことにより、バッテリーの充電が充分にされなく電気が不足し

バッテリーが上がったりもします。

単純にバッテリーの劣化も原因の一つです。

 

バッテリー上がりの対策方法

バッテリー上がりの対策方法は3つあります。
  1. 救援車にバッテリーをケーブルでつなぎ給電する。
  2. ジャンプスターターで復帰させる
  3. JAFを呼ぶ
 

ひとつ目の救援車からの給電ですが、まず大前提に救援車が必要です。

つまり道端で声をかけたり、友人や家族にその場所まで来てもらったりと

大変です。そしてブースターケーブルというものを買っておく必要があります。

04-01_R_400x266
※画像参照サイト元http://ascii.jp/elem/000/001/029/1029302/index-3.html

 

ふたつ目のジャンプスターターは非常に大きくて使うかもわからない物を車に

車載しておくのも何かと億劫ですよね。そして値段も一万円前後です。

ジャンプスターター
実際の写真を見ると少し大きいいと思います。

 

>>スマホも充電できる超小型ジャンプスターターはこちら<<

 

 

みっつ目のJAFですが保険会社は、ロードサービスが付いている場合のみ対応可能な場合が多く
それ以外の場合はJAFを使わざるを得ません。つまりJAFでなく保険会社に依頼することも可能です。

その場合は保険会社に問い合わせてください。

JAFの料金的には

基本料金: 8,000円

作業料金: 4,500円

※JAF非会員でバッテリートラブルの料金

ちなみにJAFの年間出勤理由は

1位バッテリートラブル

2位タイヤのパンク

3位キーの閉じ込み

 

だそうです。

今話題のスマホも充電できる超小型ジャンプスターター

バッテリートラブルで誰の救援もなく一人でバッテリートラブルを解決できる

ジャンプスターターですが、その大きさや使用頻度の問題で

買わない方が多く見受けられました。

しかし今話題のジャンプスターターはその2つの問題を解消しました。

車雑誌で有名なベストカーにも取り上げられ、話題のジャンプスターターの紹介です。

V12マルチチャージャーの特徴

このジャンプスターターは

iPhone6を一回りだけ大きくしたくらいの大きさのジャンプスターターです。

howto3
 

さらにその大きさにもかかわらず、最大20台の車を連続始動とパワーが有り

4000ccまでの車両に幅広く対応しています。

 

またジャンプスターターはバッテリー上がりの対処だけでは出番が少なく買う決心がなかなかつきません。

しかし、v12マルチチャージャーはスマホのモバイルバッテリーにもなっているので、普段はスマホのモバイルバッテリーで

いざというときにジャンプスターターという使い方が出来ます。

charge
詳しくは公式サイトを!

公式サイト:http://www.V12Multi-charger/

エンスト 車へのダメージ

昨今AT車のエンストが増えており、MT車を乗らないか方も他人ごとではなくなってきています。
そこでエンストをした時に車にかかるダメージをお話します。

エンストによる車へのダメージは

エンストは車の部品に負担をかけ部品の劣化につながります。
ダメージを負うのは主にエンジン周り・クラッチ・タイヤに動力を伝えるまでの一連の部品です。
エンストをおこしエンジンを停止するというのは予想もしない部分に負担がかかりエンジンなどがダメージを受けます。
woman-400574__180
しかし!!!
実際にはノッキングを起こした方がダメージはでかいです。
※ノッキングとは・・・エンジンが金属性の打撃音及び打撃的な振動を生じる現象全般を指す。
 アクセルを急激に踏み込むなどした時に「カリカリ・・・」等の異音のこと。


上記ではダメージをうけると述べましたがエンストは実は
「ほとんど」ダメージはありません。
よく教習車は壊れるのが早いなんて言いますが、エンストの他に急発進、急ブレーキ、低速走行(長時間)等の
影響も多いにあります。
まぁ車の稼働時間も多いので頑張っている方だと思いますけど。

実際にはノッキングを起こした方がダメージはでかいです。

まとめ

現実的に考えると最近のエンジンは簡単には壊れません。
それにエンストで車の寿命が縮まるなんてことが
あればアイドリングストップ機能付きの車などはやばそうですよね。
しかし丁寧に扱うに越したことはありません。
愛情を持って車を扱えば長い間、目的の場所へと運んでくれるでしょう!!volkswagen-569315__180

エンストの対処方法

AT車でも、エンストはおきます。
特に多い坂道などで起きるとパニックになり恐いですよね。
事前に対処方法さえわかっていれば大丈夫!!


対処法 STEP1

エンストにきづくこと 
エンストを起こすと
1.警告灯の点滅(車種によって表示が違うのでご自身の車の説明書要確認)
2.回転数が0になります。
車の異常を認識したら上記2つを確認して下さい。
speedometer-408327__180

対処法 STEP2

・ハンドルへの対処

エンストを起こすとパワーステアリング装置が働かなくなります。
その為ハンドルはかなり重くなりますのでいつも以上に強く操作してください。
決して効かなくなっているわけではありません。
 

・ブレーキへの対処

いつもより強く踏み続けてください。
複数回に分けて踏むとブレーキ倍力装置のアシスト機能が減少しますので
ペダルが硬くなり効きにくくなります。
その為踏み続けることがポイントです!!!

対処法 STEP3

走行中エンストが起きた場合車を路肩に止めてトラブルの発生がないか確認しましょう!
そしてエンストによる事故はエンストについて知っていると事故の発生リスクを大きく減少させることができます。
エンストを発生させないためには、チェンジレバーの確認や回転数の確認など、操作ミスがないかの確認が非常に大事です!!

hand-129532__180

※「国土交通省自動車局審査・リコール課 YouTube公式アカウントからの引用」

安全で楽しいドライブを!!!

エンストの原因と対処法

具体的にAT車がエンストした場合の原因ご説明します!!対処法も後々!

まずAT車のエンストが発生する場所の7割が坂道です。
AT車でエンストした場合、車の故障はもちろんですが自身の操作ミスによるエンストの可能性もありますので、注意しましょう!
road-intersection-385308__180

・発進時にエンストした場合



プッシュ式スタート装置装着車等の場合、始動時にブレーキペダルを踏まないなど
誤った始動操作によりエンジンがかかってない状態で、そのまま走行することで
エンストが起きてしまいます。



・チェンジレバーの間違いによるエンスト



勾配の急な上り坂で、Dのままアイドリングでブレーキを離すと
トランスミッションは前進するように動力を伝達させるのに対し
車両は後退します。するとエンジンに負荷がかかるためエンストする仕組みになっています。
またチェンジレバーがRの場合急な下り坂でブレーキを話した場合も同様です。


・吸気系やアイドリング機構、その他諸々の不具合の場合



クルマのエンジンはアイドリングするための機構が備わっており、その装置に異常が発生するとAT車だとしてもエンストします。
上記2つのドライバーの操作ミス以外で頻繁にエンストを起こすようであれば
どこかに不具合が起きている可能性が高いです。
発進時、減速時、加速時またどのようなときにエンストが起きるかによって不具合であろう
場所が変わってきますので詳細は覚えておいてください。
そして車の整備工場やディーラーに行き相談しましょう!!


※「国土交通省自動車局審査・リコール課 Y­ouTube公式アカウントからの引用」

エンストの原因と対処方法

近年、車でエンストによるトラブルが増えています。いやーMT車乗ってないからなーと思いのあなた。
AT車のエンストが増えてるんです!!

しかし国交省が発表したデータでは、2011~2013年のAT車のトラブルで、エンジンが止まりブレーキやハンドルに異常が生じたケースが111件もありました。そのうち死傷事故が8件です。
突然のエンストで、ブレーキが十分機能せず、ハンドルもパワステが効かなくなりかなり重くなります。この普段陥らない状況下になった時にパニックになってしまうのが一番怖いですね。

なので知識として普通に走っていればエンストすることはありませんが、AT車でもエンストする可能性があることを憶えておきましょう!!そしてエンスト時の対処方法を覚えておきましょう。

考えられる原因


1.チェンジレバーと逆に動く場合
2.エンジンの調子が悪く、アイドリングが持続しない
3.油圧回路にゴミなどが溜まり正常に動いていない

YGQmEhboI413Llo1433144219_1433144357 順を追って対処法を説明致します!!
まぁ自分は教習時代にMT車でエンストさせまくったのであの瞬間の焦りは異常ですよね。。。



※出典:国土交通省ホームページ